タイランドからの便り
タイの喜怒哀楽とタイ音楽についての定点観測エッセイ。

(筆者紹介)

-タイ国バンコク都在住
-某旧帝国大学 文学部
-タマサート大学 法学部

コンタクトは
admin%sawasdee.fem.jpまで。
(%を半角@に変えて下さい。)


アンケートページ


累計訪問者数 (Visitors)

アクセス集計一覧へ

本日:
昨日:

World Live 人気ブログ
ブログの殿堂



クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。



エッセイの分類−目次−
エッセイ内検索
直近のエッセイ(直近7日分)
過去のエッセイ(月別)
地域別アクセス数 (累計)
Locations of visitors to this page

厳選リンク
掲載基準に関しては公表しておりません。

管理用

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-| (日本時間)|-|-|
目からウロコの「スア・ローングハイ」
過日、家の近くのイーサーン飯屋で私の定番メニューである「スア・ロ
ーングハイ」を頼みました。

それを聞いた店員が言いました。

「今日はスア・ローングハイがありません。普通のヌア・ヤーングなら
ありますけど、それでもいいですか?」


時間は夕方、客の話し声でザワついている店内でしたので、一瞬は私の
聞き間違いかとも思いましたが、早く牛肉を食べたいという思いには勝
つことができず、店員の言うままに「ヌア・ヤーング」を頼みました。

しかし、どうも腑に落ちません。私の理解では「スア・ローグハイ」と
は「牛肉の炙り焼き」のことを指し、「牛肉の炙り焼き」を教科書通り
のタイ語で示せば「ヌア・ヤーング」である、つまり「スア・ローグハ
イ」と「ヌア・ヤーング」は完全に同一の料理であると思っていたので
すが、今の店員の言葉から察するに別の料理であるようです。

今までにも同様の状況になったことがあるような気がしますが、今日に
限って私の頭の中は疑問符でいっぱいになりました。自分が最も好きな
料理であるゆえ、何としてでも解明しなければなりません。

先ほどの店員が「ヌア・ヤーング」を持って来てくれました。そのタイ
ミングで私は聞いてみました。返って来た言葉は次の通りでした。

「ちゃんと別の料理です。作り方は一緒だけど、スア・ローングハイと
して出すには脂身を含んだ肉でなければいけない、ヌア・ヤーングとし
て出すのなら脂身の有無は関係なく、どのような牛肉であっていいです。

多くの人はスア・ロ−グハイとヌア・ヤーングは同じ料理だと思ってる
けど、素材がまったく違います。」


私は目からウロコが落ちるほどに理解できました。思いますに、確かに
スア・ローングハイには脂身を含んだ肉が使われています。大好きな店
であるクロックマイでも、ソイウドムスックの中にある某イーサーン飯
屋でも、一口大に切った肉のうち、赤身部分と脂身部分が適度に混ざっ
ていることを思い出しました。

私は目の前にある「ヌア・ヤーング」をつまみながら、「今日はスア・
ローングハイがないけれど、自分のタイでの料理史に残るほどの知識を
得てしまった」と、一人で有頂天になってしまいました。
(第5,108話 了)

記事執筆の参考にさせていただくため、アンケートページを作成しま
した。よろしければ投票下さい。

撮影会での写真
各種イベントや撮影会などに出かけた際のプリティーやモデルの写真
を以下に掲載します。機材は主にNIKONの一眼レフを使用しています。
以下は、ヌット・ウィラーワンの写真です。
現在までの画像閲覧ランキング

プリティー 20150722 掲載分 (101)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20150722 掲載分 (102)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20150722 掲載分 (103)。クリックすると拡大表示されます。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のブログランキングに投票いた
だくと、明日のエッセイのための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング ジモモ バンコク 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


食に関する一考察07:37 (日本時間)|-|-|
スポンサーサイト


-|07:37 (日本時間)|-|-|