タイランドからの便り
タイの喜怒哀楽とタイ音楽についての定点観測エッセイ。

(筆者紹介)

-タイ国バンコク都在住
-某旧帝国大学 文学部
-タマサート大学 法学部

コンタクトは
admin%sawasdee.fem.jpまで。
(%を半角@に変えて下さい。)


アンケートページ


累計訪問者数 (Visitors)

アクセス集計一覧へ

本日:
昨日:

World Live 人気ブログ
ブログの殿堂



クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。
クリックすると動画が表示されます。



エッセイの分類−目次−
エッセイ内検索
直近のエッセイ(直近7日分)
過去のエッセイ(月別)
地域別アクセス数 (累計)
Locations of visitors to this page

厳選リンク
掲載基準に関しては公表しておりません。

管理用

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-| (日本時間)|-|-|
自宅前での度重なる冠水
バンコク都内の某下町にある私のアパート前での冠水が、今年は例年に
比較して2倍ほどの頻度で発生しています。

アパートの敷地自体は、ソイの高さより95cm高くなっていますので、
敷地への冠水はありませんが、市場に買い物に行ったり、至近のセブン
イレブンにちょっとした食べ物を買いに行くだけの用事であっても、膝
関節までの高さの水の中を入って行かなければなりません。

今年は雨が多いという事実もさることながら、私のアパートがあるソイ
に関して言えば、豪雨と言わないほどの雨でも冠水してしまうようにな
ったことが特徴として挙げられ、その点において10年前と状況が大き
く異なると思っています。

一つには地下に敷設された配水管に多量のゴミが溜まっているというこ
とも考えられましょうし、例えば道路横断面に傾斜の変化により、道路
上に溜まった水が排水溝に吸引されにくくなっているということも考え
られそうです。

私のフィールドノートに書かれている具体的な数値で示しますと、アパ
ートの前のソイが冠水した回数は、西暦2009年が12回、2010年が15回、
2011年が14回、2012年は現段階で既に13回です。今年に限れば、雷を
伴った派手なスコールであれば、まず100%の確率で冠水を起こしてお
り、逆の見方をすれば「冠水」という言葉に対してさほど大きく反応し
なくなってしまいました。

先だっての平日も、記憶違いでなければ9月25日の火曜日であったと思
いますが、午後からのゲリラ豪雨の中を23番の普通バスに乗ってソイ・
エーカマイを通り掛かりました。

ソイ・エーカマイとスクムウィット通りの交差点(エーカマイ・タイ交
差点)付近が完全に「海」と化しているのをバスの車中から目にしなが
らも、自分のアパートの前の冠水時の景色と大きく違わないという印象
です。

「洪水」になるほどの被害は別として、自動車の床上浸水程度の一時的
な「冠水」であれば特に驚くこともなく、むしろ安常処順な毎日の一コ
マであるという感覚すら抱いています(第4,177話了)。

記事執筆の参考にさせていただくため、アンケートページを作成しま
した。よろしければ投票下さい。

以下は、Bangkok Int'l Auto Salon 2012で撮影した動画です。

Today's Video
Video Introduction Video
Bangkok Int'l Auto Salon
2012 (1分10秒)
撮影地:IMPACT CHALLENGER

以下は、サヤームパラゴンで撮影した写真です。

プリティー 20121004 掲載分 (701)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20121004 掲載分 (702)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20121004 掲載分 (703)。クリックすると拡大表示されます。

以下は、フューチャー・ラングスィットで撮影した写真です。

プリティー 20121004 掲載分 (101)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20121004 掲載分 (102)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20121004 掲載分 (103)。クリックすると拡大表示されます。

最近のアップロード


撮影会での写真
各種イベントや撮影会などに出かけた際のプリティーやモデルの写真
を以下に掲載します。機材は主にNIKONの一眼レフを使用しています。
現在までの画像閲覧ランキング

プリティー 20121004 掲載分 (001)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20121004 掲載分 (002)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20121004 掲載分 (003)。クリックすると拡大表示されます。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のブログランキングに投票いた
だくと、明日のエッセイのための筆者の活力になります。

Cool Bangkok に投票する。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなこ
とを詳しく知りたい」というようなことがありましたら、ゲストブック
またはWEB拍手にてお知らせください。
当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の
一部です。


自然に関する一考察07:40 (日本時間)|-|-|
雨に這い出る虫
平日の朝の豪雨にはうんざりします。

昨日の朝が、そうでした。夕方の時間とは異なり、末期的な大渋滞と呼
ぶほどの車の通行量ではありませんが、道路の排水溝から水が溢れるの
は毎度の光景で、細長い海と化した通りを車が床上浸水になろうかとい
う状態で、水しぶきを上げて走っているのもバンコクならではです。

通りの歩道も水没しており、車からの水しぶきが波になって歩道に押し
寄せ、それを避けるために靴と靴下を脱いでズボンの裾をたくし上げ、
裸足になって水の中に歩み進んでいく朝7時30分というのも、今から出
勤するという気力を剥奪するに十分な、物悲しさと気だるさを感じてし
まいました。

さすがに洪水の道路の中をバスに乗る気にもならずBTSに乗車しました
が、BTSの車内の混雑度は昼間の半分以下です。バスに乗ってBTSの駅
に辿り着くことができないのか、激しい豪雨のために家を出ることすら
躊躇してしまうのか、確かに豪雨の中で傘をさして歩くことに何の意味
があろうかと考えてしまうほどに、私もカッターシャツがズブ濡れです。

BTSが空いているおかげで席に座ることができたものの、車内では濡れ
てしまったカッターシャツが肌に張り付いて冷たく、オフィスに到着す
るや否や、このような状況を想定してオフィス内に予備として仕舞って
おいたカッターシャツに着替えるのでした。

豪雨になりますと、妻も例外ではなく「土中にいる虫が這い出して来る
から危険だ」と言います。その言葉は決して間違っていなく、水の中を
ムカデが泳いでいたり、安飯屋の壁と壁の間に棲息しているのだろう害
虫が溢れる水に耐え切れなくなって出て来るのも、バンコクの下町での
ごくありふれた日常です。

以前、家の近くの飯屋で食事していた時、突然の豪雨にソイの中に溜ま
った水が店の中に逆流し、飯屋の店の中に潜んでいた100匹以上の虫が
一度に飯屋の床に出現し、刺されないように足を持ち上げることに精一
杯で、飯を食べること余裕などなかったことを思い出します(第3,613
話 了)

最近のアップロード


撮影会での写真
各種イベントや撮影会などに出かけた際のプリティーやモデルの写真
を以下に掲載します。機材は主にNIKONの一眼レフを使用しています。
現在までの画像閲覧ランキング

น้อง ๆ ที่น่ารักทุกคนครับ พี่ขอขอบคุณที่น้อง ๆ อนุญาตใน
การ Upload รูปถ่ายชองน้องใน Blog นี้


プリティー 20110324 掲載分 (001)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20110324 掲載分 (002)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20110324 掲載分 (003)。クリックすると拡大表示されます。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のブログランキングに投票いた
だくと、明日のエッセイのための筆者の活力になります。

Cool Bangkok に投票する。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなこ
とを詳しく知りたい」というようなことがありましたら、ゲストブック
またはWEB拍手にてお知らせください。
当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の
一部です。


自然に関する一考察20:37 (日本時間)|-|-|
バイク後部のバナナの葉っぱ
夕方の雨であれば特に気にもなりませんが、朝からのスコールは、その
音を部屋の中で聞いただけで途端にオフィスに出かける気が失せてしま
います。

午前7時前後のスコールは、例年であれば一年のうちで10回あるかない
かの頻度にしかすぎないのに対して、今年に限っては異常なほどに朝の
時間からスコールになっています。

ฝนตกหนักอีกแล้ว ออกไปข้างนอกได้หรือเปล่า
また、大雨だよ。外に出て行けるの?

そのように妻が口にする言葉が聞こえないほどの派手なスコールになりま
すと、家の近くの市場を通ってバス停に向かう際、排水溝が溢れて膝下
5cmほどの洪水になっているのが毎度のことです。私は、靴と靴下を脱
いでズボンを膝上までたくし上げ、脱いだ靴と靴下を手にして約40mの
距離に渡って水の中をジャブジャブと歩きます(*1)。

溢れ出て洪水になっている水は決して綺麗な水ではなく、ビニール袋や
プラスティックなどのゴミが浮いている程度ならまだしも、ムカデが百本の
足を使って水面を泳いでいることもありますので、害虫にだけは特に注意
を要します。

水没部分を通り過ぎたら、近くのアパートや長屋の階下にある水道を借
りて、足を洗うことが必須です。

ただ、さすがに10年の間、引越しもせずに一ヶ所に住んでいますと、洪水
の中のジャブジャブ歩行が一種の年中行事にすらなってしまい、むしろそ
れによって雨季の本格的な到来を感じるほどにすらなりました。

先だっては、スコールは収まったものの、道路は大渋滞で15分待てども
私が乗りたいバスがやって来ませんでした。その時、運良く顔馴染みのモ
タサイの運転手がバス停の前を通りかかり、私に声をかけました。後部
座席には、今から学校に行くのだと思われる子供が乗っていました。

ไปด้วยกันมั้ย ไปโรงเรียนก่อนนะ
一緒に行くか?先に、学校に行くけど。

待てども待てどもバスは来ませんし、渡りに舟とは正にこのことです。彼
ならば、定価よりも安い「特別価格」でオフィス付近まで走ってくれること
は、私も重々承知していますし、先に子供を学校まで送り届けると言っ
ても、学校はオフィスへの道すがらにありますので、さしたる話ではありま
せん。

子供は、後部座席から運転手の前に引越しし、私がモタサイの後部座
席に座ります。そして、子供1人、大人1人という2人の乗客を乗せた3人
乗りのモタサイは、かすかに雲が切れて陽が差しかけている朝の空気の
中を走り出しました。

その様子は、父ちゃんが子供と一緒にオフィスと学校までモタサイで送り
届けてもらう姿に見えなくもなく、泥はね防止のためにバイク後部に付け
られているバナナの葉っぱが、何ともタイらしい様相を醸し出していました
(第3,356話 了)。

(*1) 水深にして30〜35cm。

更新しました 本日付けの更新 OISHI (6) (20枚)
更新しましたOISHI (5) (20枚)
更新しましたOISHI (4) (20枚)
更新しましたOISHI (3) (20枚)

以前、私が各種イベントや車やバイクの展示会、撮影会などに出かけた
際のプリティーやモデルの写真を、随時、毎日のエッセイの末尾に掲載して
います。

機材は基本的にデジタル一眼レフで、補助的にコンパクトデジカメを使用
しています。撮影に関する記載が専門的になりすぎることを懸念して、撮影
の詳細情報に関しては記載しておりません。

น้อง ๆ ที่น่ารักทุกคนครับ พี่ขอขอบคุณที่น้อง ๆ อนุญาตใน
การ Upload รูปถ่ายชองน้องใน Blog นี้


プリティー 20100708 掲載分 (001)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20100708 掲載分 (002)。クリックすると拡大表示されます。
プリティー 20100708 掲載分 (003)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20100708 掲載分 (004)。クリックすると拡大表示されます。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のブログランキングに投票いただくと、
明日のエッセイのための筆者の活力になります。

Cool Bangkok に投票する。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたら、ゲストブックまたはWEB拍手
にてお知らせください。
当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の一部です。
以下の余白部分に広告が表示されることがありますが、当エッセイと一切の
利害関係はありません。


自然に関する一考察20:54 (日本時間)|-|-|
チェンマイの山並みに郷愁を感じた日
日帰りの行程で、早朝の飛行機に搭乗してチェンマイ県とラムプーン県に
出かけていました。

昨夕、オフィスの机の引き出しの中に搭乗の際の身分証明としてのパス
ポートを忘れてしまったため、スワンナプーム空港とチェンマイ空港の両方
のチェックインカウンターでは、財布の中に入っているタイの社会保険の
被保険者証と病院カード、それに納税者カードを見せて身分証明をする
というお粗末さであったことを白状しておきます。

久しくスワンナプーム空港に散歩に行っていないという理由で、早朝にも
かかわらず見送りに来てくれた妻に敬意を表して、旅客ターミナルの3階
にあるレストランで朝飯です。従前のドーンムアング空港の時ほどには
魅力を感じるレストランではありませんが、早朝の市場でパン一つすら
食べていない空腹には、そこで食べるお粥が舌に優しく感じられます。

朝早くの便であったため、3人掛けの座席を一人で占領しても、まだお釣
りが来る程度の搭乗率でしかありませんでした。高度約30,000フィート
の上空から見下ろすタイ中部の緑色、チェンマイ空港に侵入するために
高度を落とし始めてから、深い緑の中に浮かび上がるようにチェンマイ市
街と郊外の町が見えて来ました。


昼少し過ぎまでの時間をかけて所用を済ませ、バンコクに戻るべくチェンマ
イ空港まで車を走らせますが、願わくば日帰りではなく、少なくとも1泊、
できることなら2泊してから帰りたいものだと心から感じます。

通りから車の窓越しに見えるチェンマイの山並みが、私の故郷である信州
の山並みにも似て、土地の温度こそ違うものの、チェンマイで見る山並み
は、間違いなく信州のそれに似ていました。

それは、一つには北部方言である

สวัสดีเจ้า サワッディー・チャーゥ

というような言葉の響きが、私をそう感じさせたのかもしれません(了)。

更新しました 本日付けの更新 MS. HONDA (7) (20枚)
更新しましたASIAN BEAT (6) (18枚)
更新しましたMS. OUTDOOR (12) (20枚)
更新しましたMS. MITSUBISHI (6) (13枚)
更新しましたMS. OUTDOOR (11) (20枚)
更新しましたMS. HONDA (6) (20枚)
更新しましたMS. OUTDOOR (10) (21枚)
更新しましたMS. OUTDOOR (9) (20枚)
更新しましたMS. OUTDOOR (8) (20枚)

以前、私が各種イベントや車やバイクの展示会、撮影会などに出かけた
際のプリティーやモデルの写真を、随時、毎日のエッセイの末尾に掲載して
います。

機材は基本的にデジタル一眼レフで、補助的にコンパクトデジカメを使用
しています。撮影に関する記載が専門的になりすぎることを懸念して、撮影
の詳細情報に関しては記載しておりません。

น้อง ๆ ที่น่ารักทุกคนครับ พี่ขอขอบคุณที่น้อง ๆ อนุญาตใน
การ Upload รูปถ่ายชองน้องใน Blog นี้


プリティー 20100617 掲載分 (001)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20100617 掲載分 (002)。クリックすると拡大表示されます。
プリティー 20100617 掲載分 (003)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20100617 掲載分 (004)。クリックすると拡大表示されます。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のブログランキングに投票いただくと、
明日のエッセイのための筆者の活力になります。

Cool Bangkok に投票する。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたら、ゲストブックまたはWEB拍手
にてお知らせください。
当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の一部です。
以下の余白部分に広告が表示されることがありますが、当エッセイと一切の
利害関係はありません。


自然に関する一考察21:20 (日本時間)|-|-|
乾季の雨と15日の日食
今年は、雨季と乾季の境がはっきりしません。今夕も、乾季の雨が降り
ました。

あるいは、朝5時に起きてPCの前に座っていますと、閉めた窓の外から
雨が降っている音が聞こえることもありますし、さらには午後の時間に
短時間のスコールとなる日も今年になって幾度かありました。

先だって床屋に行った際、髪を切ってもらっている時にも、店主が私に
対して、

ปีนี้อากาศไม่ปกติ ฤดูหนาวก็ต้องหนาว
今年の天気は異常だよ。冬は寒くなくちゃ、いけないのに。

と、問わず語りの独り言のように口にしました。

確かに今年の「冬」は、バンコクにいる限りにおいて、それほど冬であるとも
感じません。少なくともパジャマ代わりに着ている半袖のTシャツ、半ズボン
のままで市場に出かけて行き、その時に寒いと感じた日はわずか数日で
しかありませんでした。

先だっても、午後の時間に少し急ぎの用事のためにセントラル・ワールド
プラザから戦勝記念塔付近までモタサイに乗りました。北の空には灰色
の雲が浮かび、何となく雨の気配を感じました。

しかし、戦勝記念塔まではわずか3キロほどの距離でしかなく、雲の高さを
まったくの勘で予想しますに、途中で雨に出くわすこともなかろうとモタサイ
の後部座席に跨ったのですが、スィーアユッタヤー通りの交差点を過ぎた
辺りでポツポツと雨を感じ、そのまま100メートルも行かないうちに大粒の雨
に変わりました。

場所で言えば、ソイ・ラーングナームの少し手前です。

私がモタサイの運転手に「少し休もうよ。」と口にする前に、モタサイの運転
手の方が私に対して、

รอฝนหยุดก่อนนะ 雨が止むまで、待とうよ。

と口にし、私もそれに従いました。クリスマスから年始にかけてのこの時期に、
アスファルトが雨に濡れて、その熱が蒸発する際の匂いを鼻に感じるのが
どことなく心地よく、急ぐ用事ではあったものの、どこか懐かしい郷愁を誘う
ような乾季の雨に感じました。

なお、これは異常気象とは関係ありませんが、今月15日(仏暦2553年
1月15日)に、タイ全土で日食が見られます。バンコクでの食の詳細は、
例としてマーブンクローング至近のパトゥムワン交差点中心部、すなわち

緯度 北緯 13.746201度(北緯13度44分46秒)
経度 東経 100.530696 度(東経100度31分51秒)

の地点の場合、

欠け始めの時刻は、タイ時間で14時00分25秒、
欠け終りの時刻は、タイ時間で16時58分00秒、
食が最大となる時刻は、タイ時間で15時37分23秒、
食の最大割合は、67%

となります(了)。

読者プレゼントを企画しました。

更新しました 本日付けの更新 MOTOR EXPO 2009 (BEER SINGHA-2) (20枚)
更新しました 本日付けの更新 MOTOR EXPO 2009 (HYUNDAI-3) (31枚)
更新しましたPHOTO FAIR 2009 (14) (30枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (FIAT) (27枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (MITSUBISHI-5) (20枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (BMW-2) (30枚)
更新しましたPHOTO FAIR 2009 (13) (27枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (CHEVROLET-2) (35枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (CANON-1) (21枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (PEUGEOT-2) (21枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (MITSUBISHI-4) (46枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (TOYOTA-3) (21枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (SSANGYONG-2) (22枚)
更新しましたPHOTO FAIR 2009 (12) (31枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (SUZUKI-3) (36枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (MAZDA-1) (27枚)
更新しましたMOTOR EXPO 2009 (CITROEN-2) (38枚)

以前、私が各種イベントや車やバイクの展示会、撮影会などに出か
けた際のプリティーやモデルの写真を、随時、毎日のエッセイの末尾に掲載
しています。

機材は基本的にデジタル一眼レフで、補助的にコンパクトデジカメを使用
しています。撮影に関する記載が専門的になりすぎることを懸念して、撮影
の詳細情報に関しては記載しておりません。

น้อง ๆ ที่น่ารักทุกคนครับ พี่ขอขอบคุณที่น้อง ๆ อนุญาตใน
การ Upload รูปถ่ายชองน้องใน Blog นี้


プリティー 20100108 掲載分 (001)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20100108 掲載分 (002)。クリックすると拡大表示されます。
プリティー 20100108 掲載分 (003)。クリックすると拡大表示されます。 プリティー 20100108 掲載分 (004)。クリックすると拡大表示されます。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のブログランキングに投票いただくと、
明日のエッセイのための筆者の活力になります。

Cool Bangkok に投票する。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたら、ゲストブックまたはWEB拍手
にてお知らせください。
当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の一部です。
以下の余白部分に広告が表示されることがありますが、当エッセイと一切の
利害関係はありません。


自然に関する一考察22:24 (日本時間)|-|-|
焚き火
先週の土曜から、朝の時間に寒いと感じる気候が続いています。

今朝、私が起きて市場に買い物に行くためにアパートの階下に下りて行きますと、
アパート脇の空き地で管理人のおばちゃんや顔馴染みのモタサイの運転手ら
数人が焚き火をしているところでした。

หนาวมากเลยอ่า มานี้ก่อนก็ได้
寒い、寒い。(買い物に行く前に)こっちに来てもいいよ。

Tシャツの上にジャンパーを羽織り、ジーンズ姿の管理人のおばちゃんに薦められる
ままに、彼らの少しだけ隙間を開けてもらって火の傍に座ります。その様子は、
どことなく自分がイーサーンの田舎にいるような錯覚にすら捉われます。

ตอนนี้ที่ญี่ปุ่นก้อหนาวเหมือนกันมั้ย ญี่ปุ่นกับไทยที่ไหนหนาวกว่า
この時期、日本も同じように寒いの?日本とタイと、どっちが寒い?

私が掌を火にかざしていますと、一人のモタサイの運転手が訊いて来ました。
確かに、いくら寒い気候であると言えども、昨今の朝の気温は私の実家がある
名古屋での11月上旬の朝の気温に相当する程度です。タイの気候に慣れて
しまった私にとって、気合さえ入れれば別に半袖姿であっても我慢できないほどの
寒さではありません。

私は彼に、日本も今は冬であること、もちろん日本の方が寒く、朝の寒さは氷点下に
なることもあるのだと伝えましたが、やはり彼にとっては今のバンコクでの朝の寒さを
感覚として捉えるのに精一杯のようであり、日本の寒さを理解することは難しいこと
のように見えなくもありません。

บางทีอุณหภูมในตอนเช้าจะไม่ถึง 0 องศา หมายถึงว่า ลบ 1 ลบ 2
องศา หนาวกว่าตู้เย็น ใส่เสื้อกันหนาว 3-4 ตัว ก้อยังหนาวนะ พี่จะ
ทนไหวมั้ย

時々は、朝の気温が0度に届かずに、氷点下1度、氷点下2度だ。つまり、
冷蔵庫よりも寒いってこと。防寒着を3着も4着も着ても、まだ寒い。我慢できる?


私がそのように語っている脇では、焚き火の火がパチパチという音を立てて燃えて
います。そして、朝の凛とした静かな空気の中で、私たちが座っている場所だけ、
焚き火の柔らかな温もりと人々の会話の暖かさが立ち上っているようにも感じます。

私は十分に体が温まったところで、その体が冷えないうちに急いで市場まで歩いて
行きました。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のサイトランキングにさまざまなブログが
登録されており、あなたのタイ・ワールドが広がります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたらWEB拍手にてお知らせください。

■当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の一部です。


自然に関する一考察22:52 (日本時間)|-|-|
「月が笑った」
一昨日、オフィスから帰って来て家の近くの雑貨屋の前を通りかかりましたら、
近所に住んでいる幾人かの顔馴染みのタイ人が空を見上げていました。
デジカメで空の様子を撮影しようとしている人もいます。

私も空を見上げますと、上弦の三日月の上に火星と金星が輝いていて、ちょうど
月が笑っているように見えます。

月が笑った

ประจันทร์ยิ้มได้
プラチャン・イム・ダイ 月が笑ってる

折りしも一昨日は、パンタミットによるスワンナプーム空港の占拠が一週間目を
迎えた日でした。多くのタイ人はそれに嫌気を感じ、早く国の情勢がよくなることを
望んで、夕暮れの空に浮かんでいる月が笑顔に見えることに、現在の情勢の終焉を
感じているようでした。

ประจันทร์ก็ยิ้มได้ ประเทศไทยก็ดีขึ้น
月も笑ってる。これで、タイも良くなる。

薄暗いので、誰がそう口にしたのかわかりませんでしたが、確かに私もそうあって
ほしいものだと夕方の月を見ながら思ったのでした。

本題とは関係ありませんが、自宅にして使用しているノートPCの液晶バックライト
が故障してしまいました。しばらくの間、更新が不定期になることが予想されますので、
悪しからずご了承下さい。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のサイトランキングにさまざまな
ブログが登録されており、あなたのタイ・ワールドが広がります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたらWEB拍手にてお知らせください。

■当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の一部です。


自然に関する一考察18:11 (日本時間)|-|-|
今年は寒くなるらしい
夕方、BIGCラーチャダムリ店で食材の買出しを済ませた後、上階である
3階に上がってみますと、長袖のトレーナーがかなりの売り場面積を占めて
商品陳列されていました。

昨日の日曜も朝から雨、今日も午後からずっと雨であったように、今年の
雨季明けは例年よりも少し遅いと思いながらも、晴れ上がった時の空の下を
吹いている風がだんだんと軽くなっている様を私は頬で感じます。

(以前、カヌーを漕いだり、スポーツカイトを飛ばしていましたので、私は
吹いて来る風がどのような風であるのか感じる取ることに極めて敏感だと
思っています。)

タイ気象局の発表によれば、今年(仏暦2551年)の冬の時期、おおよそ
今年11月から翌年1月にかけての冬の気候は、過去30年の中で最も
寒くなるだろうということです。世界的なラ・ニーニャ現象がその理由として
挙げられ、タイ北部の標高の高い地域では降雪が認められるかもしれない
とさえ、発表されています。

過去において、タイでの最低気温としては仏暦2517年1月2日(西暦1974
年)にルァーイ県での摂氏0.1度、同日のチェンライでは摂氏1.5度となって
います。バンコクにおける最低気温は仏暦2519年1月15日(西暦1976年)
に摂氏11.0度が記録されています。

一般に、タイ人は暑い、涼しい、寒いという感覚を表現する形容詞として

ร้อน ローン 暑い
เย็น イェン 涼しい
หนาว ナーゥ 寒い

という言葉を使います。それに対して、タイ気象局の定義としては

暑い 23.0度以上
涼しい 16.0度〜22.9度
寒い 8.0〜15.9度
極めて寒い 8.0度未満

という定義が用いられています(温度は、すべて摂氏)。

なお、冬の到来と時期を合わせるようにして、都心部において「冬の防寒着を買う
余裕のない人のための寄付」が行われるのは、毎年の年中行事になっています。

過日のエッセイで紹介しましたリストバンドに派生して、

お母さんへのお土産として、国王のロゴが入ったピンクのポロシャツを買って
持って帰ったら、大いに喜んでくれました。

サヤームパラゴンで買ったピンクのリストバンドが気に入って、今でもしています。


というお話を読者の方から頂戴しました。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のサイトランキングにさまざまな
ブログが登録されており、あなたのタイ・ワールドが広がります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたらWEB拍手にてお知らせください。

■当エッセイは、筆者が運営するサイト「サワッディータイランド」の一部です。


自然に関する一考察22:48 (日本時間)|-|-|
夕方になると雨
夕方になると毎日のように雨です。

スコールになるほどの激しい雨ではなく、雨季の終わりが近くなったことを
暗示するかのようなしとしとと降る雨で、夕方の薄暗い空を見上げていますと
あたかも日本の梅雨空を思い起こさせる空であり、その空の下を会社帰りの
女の子が足早に行き過ぎます。

スワンナプーム空港に着陸しようと高度を落とし始めた飛行機の中では

「地上からの報告によりますと、ただいまの到着地バンコクの天候は雨、
気温は摂氏32度とのことでございます。」

などとアナウンスされているかもしれません。

会社の帰りには時として必要な買い物をしたり、妻と待ち合わせて
何か適当に食事をして帰ってくる以外、ほとんどどこにも寄らずに家路を
急ぐことが多い私にとって、雨が特に何らかの障害になるというわけでも
ありませんが、家から歩いて2分ほどの場所にある市場に行くことさえも
億劫に感じられ、家の冷蔵庫にある適当な食材でカーゥパットなどの
料理をササッと作って、それで夕飯にしてしまうことも度々です。

やはり、いくら傘があると言えども雨の中のソイや歩道を歩くのは嫌です。

自動車は、歩行者のことなどまったく構うことなく平気で泥跳ね運転をしますし、
ただでさえ歩きにくいデコボコだらけの歩道が滑りやすくなっていたり、屋台の
前で食べ物の品定めをしているタイ人の大きなゴルフ傘を避けて歩かなければ
ならなかったりというように、市場に買い物に行くことすら躊躇してしまう風景が
たくさんあります。

約8年に渡る期間、雨季のある国で暮らしてきたわけですので、少しずつは
雨のある風景に慣れても不思議ではないと思うのですが、やはりそれだけ
体が重くなって来たことなのかもしれないと思いつつ、ベランダから夜気越し
に見える雨を眺めているのです。

今日のエッセイはいかがでしたか。以下のサイトランキングにさまざまな
ブログが登録されており、あなたのタイ・ワールドが広がります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ

「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを
詳しく知りたい」というようなことがありましたらWEB拍手にてお知らせください。

HOME


自然に関する一考察22:16 (日本時間)|-|-|
スコールとタイ人の表情
雨季の到来が早いことを告げるかのように、屋台の店先ではランブータンと
マンゴスチンの早物が並んでいます。ランブータンがキロあたり20バーツ、
マンゴスチンであれば同じく35バーツがこの時期のバンコクでの相場であろうかと
思います。

夕方、オフィスの窓から私が外を眺めていますと、私のその姿に気付いた
タイ人スタッフが歩み寄ってきて言います。

วันนี้ฝนจะตกรึเป่า หนูไม่มีร่มเลย รีบกลับบ้านดีกว่า
今日、雨降るかな。傘がないのよね。急いで帰った方が良さそう。

口ではそう言いながらも、私が彼女の顔を見ますとさほど困っている様子も
ありません。そればかりでなく、むしろ雨が降ることを楽しみにしているかのような
生き生きとした表情をすら見せてくれます。

やはり、それは雨季のある国に育ち、田舎に帰ればかなりの部分において
自然に依存して生を営んでいるタイ人だから、という理由であるのかもしれません。

私が初めてタイに来たのは20年前、今では往事茫々としてしまった感も
ありますが、当時はエアコンなしの普通バスが2バーツの時代でした。私は
ファラムポーング駅前のスィークルングホテルに投宿し、駅のすぐ脇にある
運河沿いの道を散歩に出かけた帰り、急にやって来たスコールのために
その辺にあった雑貨屋の軒先で雨宿りをしました。

当時の私は、スコールが到来することを体で察知することもできないほどに
タイ的な五感が身に付いていませんでした。

傘もなく、いつ止むとも知れない激しく降る雨を遠目に眺め続けた挙句、
勢いよく雑貨屋の軒下を飛び出して宿まで駆け出しました。宿まで1キロ
の道程であったか2キロの道程であったか定かではありませんが、宿に帰り着いた
時には頭の先からつま先までスブ濡れの状態だったことは覚えています。

一本しかないズボンを洗濯屋に出すためにパンツ一丁で宿のフロントまで行き、
あまりにもの寒さのために熱いコーヒーを一杯もらったことが、当時の私の旅帳に
書き綴ってあります。

今ではもう、その女主人も宿にはいないと思っていますが、夕方になって
スコールが来そうな休日に、当時と同じようにファラムポーング駅の運河沿いの
道を歩いてみるのも、もしかしたら楽しいことでもあるかも知れないなどと
思ってみたりもするのです。

今日のエッセイはいかがでしたか。役に立ったと思われる方は、以下のサイト
ランキングに投票くださると嬉しいです。



「タイのこんなことが知りたい」「過去の訪タイで気付いたこんなことを詳しく知りたい」
というようなことがありましたらWEB拍手にてお知らせください。

HOME


自然に関する一考察22:30 (日本時間)|-|-|